喪中はがきの作り方

いつ出すの?誰に出すの?どんなはがきで?


スポンサードリンク




誰に出すの?
いつも年賀状のやりとりをしている方に出します。
ビジネスのみのおつきあいで個人的なおつきあいのない方には年賀状を出す場合もあります。
なにがなんでも喪中にしなければならない、年賀状を出してはならない、というわけではありません。



いつ出すの?
年賀状を欠礼する事をお伝えするのですから、お相手が年賀状を準備し始める前に出します。
遅くても12月上旬までには出したいものですが、それでは遅くて行き違いになってしまう場合もありますので、あらかじめわかっているのならば、なるべく早めにお届けしましょう。
下記のような地味なはがきや切手を用います。





喪中と知らない相手から年賀状が届いたら。
松が明けてから、連絡が行き届かなかった旨を詫び、寒中見舞いとして出しましょう。
立春(2/3頃)まで出せます。





宛名も薄墨にするの?
そもそも喪中はがきの文字を薄墨にするのは、涙で墨がうすまってしまいましたという「悲しみ」を表しているものと言います。
最近では文面も普通のスミでも印刷するケースが増えているそうです。

宛名ですが、
正式には薄墨にするものだという意見、
文面と宛名は違う、ゆうちょの人や機械が読み取り易い様にはっきりとしたスミが良いという意見、
いいや、ゆうちょの機械は優秀だから薄墨でも読み取るという意見、
住所氏名は薄墨でも郵便番号はスミ100だとか、いろいろな説があるようです。

印刷会社さんでは宛名はスミ100を採用しているところが多いようです。
私個人としては、文面は薄墨を用いても、宛名ははっきりとスミ100で作りたいと思います。
個々のご判断でお願いします。



スポンサードリンク


▲ページトップに戻る


スポンサードリンク